2013年9月15日日曜日

放課後さいころ倶楽部


女子高生は何をやっても経済効果が生まれてしまう
ロックバンド、ジャズバンド、空手、麻雀、改造人間
―確か誰かの言葉です

じゃあ女子高生にボードゲームやらせりゃボードゲーム流行るんじゃねーの?ああ?
というステキなテーマの、可愛い女子高生がボードゲームで遊ぶだけのファンタジー漫画です。



キャラは天然、ぼっち、委員長の3人ですが、私の一押しは委員長の大野翠ちゃん
ウォーズマンの戦闘センスとテリーマンの解説力を併せ持つ最強のインスト要員
こんな子どっかに落ちてないですかねー



完全にゲーマーの思考、いい根性してますねww


ちょっと応援したくなる漫画だったので、紹介しました。


※追記
読み返してみたら本の内容全然紹介してないことに気づいたので追記
1巻で扱ってるタイトルは「マラケシュ」「ごきぶりポーカー」「ねことねずみの大レース」「ハゲタカのえじき」「ミラーズホロウの人狼」です
マラケシュ以外は漫画内でルール説明がされてる親切設計なので、「ボードゲームに興味があるけどいきなりゲーム会に行くのは怖いヨー」という人が雰囲気を掴むにはちょうどいいかもです


0 件のコメント:

コメントを投稿

感想、ツッコミ等あればお気軽にどうぞ