2013年9月23日月曜日

週末さいころ倶楽部2

前の奴の翌日、連休利用してボードゲームしたのでチラ裏感想文
面子は ichi、T氏、taxy


■ゾンビステート

昨日に引き続き、懲りずにゾンビステート
このゲーム大好きかも



アジア:taxy(初プレイ)
アフリカ:ichi(プレイ済み)
ヨーロッパ:T氏(プレイ済み)

 1ターン目、taxyが「フェロモン」開発に成功
 能力的には「戦闘時1ダメージ軽減できる」という微妙な代物
 ですが、これが今回のプレイの方向性を決定したわけで

 正直なところ、如何にして他国にゾンビ押し付けてやるか、自国を隔離するか
 避難かな?防壁かな?みたいに隣国が全滅、生存者数勝負を前提に考えてたんですが「あれ?フェロモンあったら軍隊でゾンビなんとかできるんじゃね?」って空気が流れ、全員「フェロモン」後追い開発&軍隊量産、自国のゾンビは極力自国で駆除するという今までにないローフルグッドな展開になり世界が割りと平和に

 そして気づけば10ターン目くらいにT氏が「核弾頭」を開発完了、それを使って国内のゾンビを殲滅すれば勝利にリーチというぶっちぎり独走状態
 しかし勝利条件は「ターンの最初から最後まで自国にゾンビが存在しないこと」
 ターンエンドやターン開始時にアウトブレイク(ランダム発生)が起こると即殲滅してもそのターンはダメという割と厳しいもので…
 案の定ゾンビを殲滅してはアウトブレイク、殲滅してはアウトブレイクと嫌なモグラ叩き状態に陥り、最後には「人間がいるからアウトブレイクが起きるんだ!」とか言いながら涌いたゾンビを国民ごと熱核消毒するド外道プレイまで… 
(まぁ気持ちは分かるけどww)

 あ、結局最終ターンで追いついた私が運よくアウトブレイク起こさず殲滅勝利しました。
100%サイコロ運で勝ったあたりちょっぴり申し訳ないなと思ったり思わなかったりww

最終的にヨーロッパ、アフリカからゾンビは駆逐されました、やったぜ!
人口は1/3~1/6程度まで減りましたが、勝ちは勝ちってことで…


□感想戦
 taxy「最初すごい勢いで人口減ったけど、防御整ったら割とヌルゲーだね」
 ichi「大概その防御整ったらって状態になる前に圧殺されるけどな」
 T氏「クリアできるんだなこれwwそれが分かっただけでも収穫だわ」
 ichi「デスヨネ」



■ギルドマスター

 ゾンビステートの余韻引っ張っててあんまり覚えてないですww
 とりあえずウチの「踊り子」はあんまり仕事せず、他所の「踊り子」は1列+αくらい作れてアレ?なんかおかしくね?昨日みたいに2列くらいスパパっと並ばないの??って小学生並みの感想。
 やっぱり「踊り子」はそんなに強くなかった、いいね?



0 件のコメント:

コメントを投稿

感想、ツッコミ等あればお気軽にどうぞ